福岡市 中央区 天神つじクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F TEL:092-739-8688
天神つじクリニック 病気の解説(インフルエンザ)
Home
病気の解説
インフルエンザ
サイト内検索


インフルエンザ

 インフルエンザとは
インフルエンザは通常のかぜよりも、症状が重いことが特徴です。そのため、体力の無いお年寄りや乳幼児がかかると、気管支炎や肺炎を併発したり、重症化すると脳炎や心不全を起こし、命にかかわることもあります。また、潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴で、毎年、多くの方がインフルエンザにかかっている12月下旬から3月上旬が流行期となります。

 インフルエンザの症状
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。かぜと似たような症状が出ることも多いのですが、かぜとは原因となるウイルスの種類が異なります。

主な症状としては、急な高熱(38〜40度)が出るほか、頭痛や筋肉痛、全身倦怠感、のどの痛み、咳や痰などがみられます。

 インフルエンザの症状の現れ方
インフルエンザは、潜伏期間が極めて短いのが特徴です。インフルエンザウイルスに感染すると、1〜3日間の潜伏期間を経て、突然38〜40℃にも及ぶ高熱、強いだるさや消耗感、筋肉痛、関節痛などが出ます。そして、これらの強い症状は3〜5日間も続きます。解熱薬などを服用しても効果が無く、体力を消耗し続けることが多いです。

健康な人であれば発症の3〜5日後ころには熱が下がりだし、起き上がれるようになりますが、体力の回復には1〜2週間が必要です。また、インフルエンザウイルスは熱が下がった後も体内に残っているため、他人にうつす恐れがあります。流行を最小限に抑えるためにも、一週間は安静にしておくことが大切です。

 インフルエンザの診断
診察でインフルエンザの疑いが出てくると、迅速検査が行われます。鼻の奥やのどなどを綿棒でこすり、そのなかにインフルエンザウイルスだけがもっている特有なものが含まれているかどうかを10〜15分という短時間で調べる検査です。

しかし、この検査は発症後48時間までに検査を受けないと確実な診断ができません。症状が出て3日目以降にはインフルエンザウイルスが体内で減り始めるからです。よって、インフルエンザでも早期受診、早期診断が大変重要となってきます。

 インフルエンザの治療
インフルエンザの治療は大きく分けて、一般療法、対症療法、化学療法の3つに分類されます。

一般療法は自己による自然治癒力により治す方法です。
安静にし、十分に睡眠と栄養を取ることで、インフルエンザウイルスに負けない体力をつけることが必要です。水分を十分に補ることで脱水症状を予防することも重要です。また、インフルエンザウイルスは湿度の高い場所では活動が弱まる性質があります。よって、空気中での活動を抑えるために、加湿器などで室内の湿度を60〜70%に保つように心がけることも大切です。

対症療法では、インフルエンザによって引き起こされる様々な症状を抑える薬を用います。
発熱や頭痛などには解熱鎮痛剤、鼻水やくしゃみには抗ヒスタミン剤が用いられます。しかし、インフルエンザによって起こる様々な症状は、一見わずらわしいものではありますが、身体からインフルエンザウイルスを追い出し治そうとする、身体の自然な反応でもあります。薬で無理に抑えてしまうとかえって治りが遅くなってしまうこともあるため、自己判断で薬は服用せず、医師の指示に従うことが大切です。

また、乳幼児の解熱鎮痛剤の服用には特に注意すべきです。

化学療法では、インフルエンザウイルスに効く薬が用いられます。
1998年にインフルエンザの治療薬として抗ウイルス薬“アマンタジン(シンメトレル)”が発売されました。しかし、この薬の効果を得るためには、発病してから48時間以内に服用することが必要となります。また、A型ウイルスにだけ効果があり、B型ウイルスには無効という特徴もあります。さらに、薬が効きにくくなるという「耐性」を持つことも知られていますので、症状が軽い場合や発病後時間がたっている場合は使えなくなります。

その後、新たに“ザナミビル(リレンザ)”と“オセルタミビル(タミフル)”という2つの薬が開発されました。これらの薬の発売により、肺炎などの重症の合併症を併発する率がはるかに低くなりました。しかし、直接ウイルスに効く仕組みになっているため、ウイルスが体内で減り始める3日目以降には効き目が極端に落ちてしまうという特徴があります。
よって、インフルエンザの治療には、早期発見、早期治療が重要なカギとなるでしょう。

 インフルエンザの予防
インフルエンザウイルスは、寒くて乾燥した空気中では、非常に強い感染力を持つウイルスです。冬場に大流行する理由もここにあります。そのため、日常(特に流行期)から、体をインフルエンザウイルスから守る心がけが大切です。

感染しにくいように人ごみを避け、マスクを着用すること。外から帰ってきた後は必ずうがい、手洗いをすること。インフルエンザウイルスの活動を弱めるために、室内の湿度を一定に保ち続けること。そして、抵抗力を高めるために体力をつけることが大切です。

また、流行期には病院で予防接種を受け、感染に備えることも有効といえるでしょう。



トップページに戻る>

天神つじクリニック
院長 辻 恵美子
〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F(アークホテル博多ロイヤル正面)
TEL:092-739-8688 FAX:092-739-8616 アクセスマップお問い合わせ
Copyright © 2004 Tenjin Tsuji Clinic. All Rights Reserved.