福岡市 中央区 天神つじクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F TEL:092-739-8688
天神つじクリニック 病気の解説(高血圧症)
Home
病気の解説
高血圧症
サイト内検索


高血圧症

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続き、その結果、脳卒中、心不全、腎不全などの合併症を引き起こす病気です。現在の高血圧の基準は収縮期血圧(上の血圧)140mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)90mmHg以上で、この基準値以上になると脳梗塞や心筋梗塞の発症が急に増加することがわかっています。また、正常血圧は130/85mmHg未満、最も好ましい至適血圧は120/80mmHg未満とされています。

現在の日本における高血圧人口は3,500万人、つまり国民の4人に1人が高血圧ということになります。さらに、50才以上では2人に1人、70才以上では実に3人に2人が高血圧と考えられています。

しかし、そのうち実際に高血圧と診断されているのは50%、さらに実際に治療をうけておられる方はその50%、さらに正常血圧にまでコントロールされているのはその50%にすぎません。多くの方が自分で高血圧であることを知らず、知っていてもきちんと治療を受けていないということになります。

 高血圧の種類
高血圧はその成因から、本態性高血圧症と二次性高血圧症に大きく分けられます。二次性は原因のわかっている高血圧で、ホルモンの異常や腎臓の疾患により起こり、原因を治療することにより血圧が正常化する可能性があります。

しかし、その頻度は10%以下にすぎず、残りの90%以上が本態性といわれるもので、高血圧になりやすい遺伝的素因を持った人に生活習慣(塩分の取りすぎ、肥満、運動不足など)をはじめとする環境因子が加わって発症してきます。

 高血圧の症状
軽症の高血圧(140〜159/90〜99mmHg)では症状が全く無いことが多く、中等症(160〜179/100〜109mmHg)、重症(180/110mmHg以上)と血圧が高くなるに従って肩こり、頭痛、めまいなどの症状が出現してきます。

すなわち、血圧が高いことによる自覚症状が少ないために高血圧を放置し、その間に動脈硬化による臓器障害がどんどん進行していき、ついには命に関わるような心筋梗塞、脳卒中、腎不全などの合併症を引き起こして、はじめてことの重大さに気づくということがまれではありません。高血圧がサイレント・キラー(静かなる殺し屋)と言われるゆえんです。

 高血圧の診断
血圧の値により、上の血圧が140mmHg以上、かつ、または下の血圧が90mmHg以上あれば高血圧と診断します。ただし、血圧は測定する状態によって違ってきますので診断に際しては次のような注意が必要です。
(1)
診察室(外来)で座位で測定すること
(2)
前腕に巻くカフ(空気帯)は心臓の高さで測定すること
(3)
測定は数分間の安静の後、1〜2分の間隔をおいて複数回測定すること
(4)
血圧は変動しやすいので、1回の診察の血圧値だけではなく1〜2週後に再受診し血圧測定をすることなどです。
血圧は、食事、飲酒、入浴、睡眠、ストレスなどにより変動します。最近話題になっている、早朝高血圧、白衣高血圧(診察室で、白衣の医師や看護師が血圧を測る時にだけ血圧が高くなる)、仮面高血圧(診察室では低いが、家庭血圧が高い)などの診断には、家庭血圧測定が非常に役にたちます。

高血圧と診断されたら、原因、臓器障害、合併症、その他の心血管病危険因子(高脂血症、糖尿病など)を調べるために、尿検査、血液検査、心電図、胸部レントゲン検査などを行います。

 高血圧の治療
高血圧の治療には、食事療法・運動療法などの非薬物療法(生活習慣の修正)と薬物療法があります。
(1)
食事療法:食塩の制限、カロリーの制限、脂質の制限が基本になります。日本人の食塩摂取量は12〜13g/日と言われていますので、その半分程度(7g/日以下)を目標にします。少量(1合/日以下)の飲酒は血管を広げ、ストレスを解消するなどの効果がありますが、のみ過ぎは血圧を上昇させます。たばこは血管を収縮させ血圧を上昇させるとともに、狭心症、心筋梗塞などの原因となりますので、禁煙が必要です。
(2)
運動療法:運動により血圧が下がることは証明されていますが、どんな運動でも良いというわけではなく、その質と強度が問題になります。歩行、水泳、サイクリングなど大きな骨格筋を使う全身運動が適しており、「ニコニコペース」で軽い運動を持続して行うことが大切です。ただし、高血圧の程度、合併症によっては自己流の運動は危険です。必ず専門医にご相談ください。

(3)
薬物療法:軽症〜中等症高血圧で、他に臓器障害や合併症を認めない場合は、非薬物療法を1〜3ヶ月継続し、血圧が正常化しない場合は降圧薬を開始します。重症高血圧、糖尿病・心筋梗塞・脳卒中などを合併している場合は直ちに降圧薬を開始します。
高血圧が疑われたら、早めに医療機関を受診し、正しい診断、治療を受けることをおすすめします



トップページに戻る>

天神つじクリニック
院長 辻 恵美子
〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F(アークホテル博多ロイヤル正面)
TEL:092-739-8688 FAX:092-739-8616 アクセスマップお問い合わせ
Copyright © 2004 Tenjin Tsuji Clinic. All Rights Reserved.