福岡市 中央区 天神つじクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F TEL:092-739-8688
天神つじクリニック 病気の解説(花粉症)
Home
病気の解説
花粉症
サイト内検索


花粉症

 花粉症とは
花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、植物の花粉によってアレルギー症状が出る病気です。時期によって変わりますが、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻などに入り、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目やにや目のかゆみなどの症状を起こします。

 花粉症の症状
代表的な花粉症の症状といえば、くしゃみや鼻づまり、鼻水、涙、目やに、目のかゆみといった、症状が一般的です。しかし、人によってはむくみや吐き気、微熱、他のアレルギー症状が、花粉症の時期に限り出る人もいます。

 花粉症の原因
花粉症という名前の通り、植物の花粉が原因となって起こります。

花粉症の人は、原因となる花粉を体内に対する異物と感じてしまい、体内から排除しようという力が通常の人よりも強く働いてしまいます。よって、花粉が鼻や目につき、鼻水や涙で花粉が溶かされ粘膜から体内に入りこむと、くしゃみや鼻水といった症状を引き起こします。花粉症が目や鼻、のどなど、空気と接する粘膜質の臓器に症状が集中するのはこのためです。この、体内から排除しようという反応をアレルギー反応といい、それに伴って起こる症状をアレルギー症状といいます。

花粉といってもアレルギー物質と認識される花粉の種類は様々です。日本で花粉症の原因となる主な花粉はスギ花粉の事を表す事が多いようですが、スギ以外にもヒノやブタクサ、マツ、イネ、シラカバなど様々な花粉があります。また、スギ花粉の人はヒノキ花粉にも反応しやすくなっています。人によってアレルギー反応が起こる植物の種類が変わり、それぞれの花粉が発生する時期に花粉症の症状が起こります。スギ花粉は2〜4月、イネ科は5〜6月、キク科は8〜10月がシーズンになりますが、花粉の種類が重複してしまうと、時には春から秋まで症状が続く人もいるようです。

 花粉症の診断
花粉症の症状は、一見風邪と良く似ているため、自分で判断することは困難です。よって、病院で血液検査を行い、どの植物に対してアレルギー反応を示しているのかを調べます。風邪と花粉症を区別するとすれば、くしゃみや鼻水、倦怠感などはあるが、高熱やのどの痛みといった症状は出ないといったことがポイントになります。

 花粉症の治療
花粉症の治療としては、セルフケア、薬物療法、減感作療法、手術療法の大きく4つに分けることができます。その人の重症度、病状・病型によって対処の方法が変わります。

セルフケアとは自分で出来る限り花粉を回避、除去することです。
テレビやインターネットで花粉の飛散情報をこまめにチェックし、花粉の多い日は外出の頻度を控える、窓や扉を開けっ放しにしないこと。また、外出時はマスクや眼鏡で花粉をシャットアウトし、帰宅時は玄関先で衣類についた花粉を十分に落としてから室内に入る。そしてうがい、手洗いを忘れないこと。洗濯や布団を干すときも花粉の少ない日を選んだり、取り入れるときにしっかり払い落とすことなど、自分で出来ることは積極的に取り組み、花粉から自身を守ることで症状を緩和させることが大切です。

薬物療法としては、花粉が飛散する前に飲み薬により治療を行なう方法と、飛散した花粉によって出た症状を抑えるために薬を用いる方法があります。
前者の方法は眠気などの副作用が少ない、効果の持続性がある、というメリットがあります。しかし、花粉の症状が出る1ヶ月ほど前から薬を飲み続ける必要があります。
後者の治療は、すでに症状が出てしまっているため、効き目の早い抗ヒスタミン薬を利用します。抗ヒスタミン作用のある薬は10〜20分と非常に効き目が早い事が特徴ですが、眠気や倦怠感などの副作用があります。最近の薬はその副作用も軽減されてきてるとはいえ、日常車の運転が必要な方などは注意が必要です。
そのため、なるべく効き目の遅いかわりに副作用の少ない前者の薬を利用するほうが良く、なるべく早くから対処し、薬の副作用が少ないように医師とよく相談して利用するのが一番です。
しかし、現状は花粉シーズンが始まる頃から事前に適切な治療を行なう人よりも、花粉症の症状が酷くなってから受診する人の割合が多く、事前に花粉症を和らげようと考えている人はまだまだ少ないようです。

減感作療法とは、現在花粉症の唯一の根本治療となっています。体の中に花粉症の原因物質を少しずつ入れることによって、徐々に慣れさせ、アレルギー反応を起こさないようにする方法です。
効果は他の治療法よりも数段優れており、98%ちかくの患者さんが「効果あり」と答えています。現在の花粉症治療として最も効果の高い方法だといえます。
しかし、効果が出るまでに最低3年という、非常に長い時間が必要です。また、その間何度も注射を打たなければならなりません。

手術による治療としては、レーザーにより、鼻の粘膜を焼く治療が行われます。鼻の粘膜を変形させることによりくしゃみや鼻水、鼻づまりに効果的です。しかし、効果がある期間は1〜2年で、半永久的に持続するわけではありません。また、鼻づまりには効果的ですが、鼻水には50%ほどの効果だという報告もあります。(当院ではこの治療は行っておりません)

花粉症の症状は病型や重症度により、様々です。医師と十分に相談し、自分にあった最適な治療を選択し、つらい時期を乗り越えることが大切です。



トップページに戻る>

天神つじクリニック
院長 辻 恵美子
〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F(アークホテル博多ロイヤル正面)
TEL:092-739-8688 FAX:092-739-8616 アクセスマップお問い合わせ
Copyright © 2004 Tenjin Tsuji Clinic. All Rights Reserved.