福岡市 中央区 天神つじクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F TEL:092-739-8688
天神つじクリニック 病気の解説(糖尿病)
Home
病気の解説
糖尿病
サイト内検索


糖尿病

糖尿病は過食や運動不足がもたらす現代病です。日本では40歳以上の10人に1人は糖尿病といわれていますが、糖尿病人口がここ数年急激に増えています。糖尿病が怖いのは、「初期に自覚症状がなく、そのまま合併症を引き起こしてしまうこと」です。そして、一度糖尿病にかかってしまうと、決して治ることはありません。また、糖尿病にかかると細菌に対する抵抗力も弱くなりますので注意が必要です。早期発見のために、最低でも年1回の定期検査を受けるようにしましょう

 糖尿病の症状
糖尿病の症状は気づきにくく、血糖値が多少高いくらいではまったく症状のない人がほとんどです。そして、徐々に糖尿病が悪化し血糖値がかなり高くなってくると以下のような症状が現れてきます。

喉がかわく
多飲・多尿
体がだるい
目がかすむ、視力が落ちた
おできができやすく、傷が治りにくい
陰部のかゆみがひどい
歯がぐらぐらして、口臭がする
太っていた人が急に体重が減少する

※こういう症状がある方は医師にご相談ください!

さらに、血糖値が極めて高い状態では、 昏睡昏睡(こんすい)に陥ることもあります。

 血糖値とは?
食事をすると、食べものや飲みものが消化され、ブドウ糖というものが作られます。このブドウ糖はからだを動かすエネルギー源のことで、血液の流れに乗って体の細胞に運ばれ、筋肉や内臓などの臓器で使われています。そして、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すものが「血糖値」と呼ばれているものです。

 インスリンと血糖値
糖尿病でない人は、食事によってブドウ糖やアミノ酸が体に吸収されると、インスリン(インシュリン)と呼ばれる物質(ホルモン)が膵臓から分泌されます。このインスリンはからだの中で唯一血糖を下げる働きのあるもので、食後に血糖が上がらないように調節する働きがあります

また、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えてエネルギーとして貯えておくようにする働きもあります。つまり、ブドウ糖のコントロールができる大切な物質なのです。

 糖尿病はどのようにして起こるのか?
糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高い状態が持続する病気です。
糖尿病になると、このインスリンが少なくなったり、正常に働かなくなります。すると、食事などで摂った「ブドウ糖を効率よく活用できなくなり、筋肉や脳、臓器に栄養が行き渡らなく」なりなります。これが疲れやだるさといった症状の原因です。また、血液中のブドウ糖が上手く使われず残ったままになるので、食後も血糖値が高いまま維持されるのです。

つまり、膵臓から分泌されるインスリンの量が減少したり、あるいはなんらかの原因で分泌されたインスリンがうまく働くことができなくなると糖尿病になるわけです。実際、多くの糖尿病患者さんは、インスリンの分泌量が低下していたり、分泌されたインスリンの効きかたが弱くなっています

また、ブドウ糖はそのまま血液中にとどまり続けると、今度は尿の中に糖があふれ出るようになります。そして、ブドウ糖などの糖質だけでなくタンパク質や脂質の利用まで障害されるようになります。これらの結果、高血糖、高脂血症(血液中の脂肪が異常に増加した状態)となり、それらにより血管や神経が障害されいろいろな合併症が出現します。

 糖尿病の種類はどんなものがあるの?
糖尿病にはいくつかの種類があります。

1型糖尿病
1型糖尿病(いちがたとうにょうびょう)とは、膵臓にあるインスリンを作り出す細胞が破壊され、体内に必要な量が分泌されなくなってしまいます。インスリンの絶対量の不足によって発症します。
多くは突然発症し、急速に悪化していきます。風邪のような症状から始まり、のどの渇きや尿量の増加、急激な体重減少など、糖尿病の特徴的な症状が現れてきます。放置すると短期間のうちに糖尿病性昏睡に陥る危険性があるので、早期に治療を開始しなければなりません。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

2型糖尿病
日本人の糖尿病の95%以上はこのタイプです。大きく2種類に分かれ、1つめはインスリンの出る量が少なくなって起こるもの(インスリン分泌不全)。2つめはインスリンは正常に分泌しているが、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるもの(インスリン抵抗性)があります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、長年の食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、加齢などのインスリンの作用を妨害するような引き金が加わって蓄積したものが40歳を過ぎた頃から発症する場合がほとんどです。初期には症状もなく数年の経過で徐々に進行するため、健康診断などで偶然に診断される人が多いです。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
1999年に日本糖尿病学会より提唱された、「遺伝因子として遺伝子異常が同定されたもの」と分類された遺伝子異常による糖尿病です。遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの、薬剤が原因となる場合もあります。このタイプの糖尿病は、母系遺伝すること、難聴(感音性)を伴うことが多いことなどの特徴があり、日本人では全糖尿病の1%程度と珍しいものです。

妊娠糖尿病
妊娠糖尿病(にんしんとうにょうびょう)は、妊娠中に糖尿病を発症したことをいいます。軽症の場合は、出産とともに正常に戻ることが多いのですが、妊娠中の胎児は糖尿病合併症妊娠と同時に合併症の危険性がありますので、妊娠中は厳格な血糖コントロールが必要になります。

妊娠中期〜後期になると、高血糖による影響で赤ちゃんが巨大児になる可能性が高くなります。巨大児なると難産などの母親への影響だけではなく、赤ちゃんが心筋症発育遅延などを持って生まれる場合もあります。また、妊娠中に合併症を引き起こしやすくなる可能性もあります。なお、糖尿病を発症している人が妊娠した場合は、「糖尿病合併妊娠」といいます。

 糖尿病と合併症
自覚症状がないからと糖尿病を放置していると、高血糖が全身の様々な臓器に障害をもたらします。とくに眼の網膜、腎臓、神経は障害を受けやすく、糖尿病性網膜症糖尿病性腎症糖尿病性神経障害糖尿病の「三大合併症」と呼ばれています。
これら3つについて具体的に紹介しましょう。

糖尿病神経障害
合併症の中で最も早く出てくるのがこれです。手や足などの末梢の神経が障害を起こします。症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。そのほか筋肉が萎縮したり、筋力の低下、胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

糖尿病網膜症
目の底にある網膜という部分の血管が悪くなることで起こります。網膜症が起こっても最初は 自覚症状自覚症状はありませんが、血糖値の悪化に伴って次第に視力が弱くなり、中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病腎症
おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんにおしっこが作れなくなります。腎症も最初は少量のタンパク尿が出るだけですが、徐々に体内に水分や毒素がたまるようになります。そして、最終的には人工透析という、機械で血液の不要な成分をろ過して機械でおしっこを作らなければなりません。これによって血液をきれいにしたり、水分量等を調節したりしないと生きていけなくなります。週に2〜3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、「人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症」です。

また、高血糖によって動脈硬化が進むため、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞が起こる率が高まり、足の血管の閉塞や 壊疽壊疽により足を切断しなくてはならなくなることもあります。症状がなくても糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症を引き起こします。糖尿病の本当の怖さは、この合併症なのです。

 糖尿病の治療の目指すところ
糖尿病は発症すると完治することはありません。よって、糖尿病の治療の基本は高血糖を改善し、血糖値をできるだけ適正な範囲内に保つことです。これを「血糖コントロール」といいます。

血糖コントロールを行えば高血糖が引き起こす合併症を防ぐことができ、健康な人と変わらない日常生活を送ることもできます。また、急性の合併症を起こさないようにしたり、血圧やコレステロール値などを正常に維持することも血糖コントロールの目的です。すでに合併症を発症したとしても、血糖をコントロールすることで進行を抑えることが可能になります。

糖尿病の治療方法
糖尿病の治療は食事療法・運動療法・薬物療法で血糖コントロールを行います。

1型糖尿病の場合、インスリンの分泌が絶対的に不足しているため、インスリン治療(インシュリン療法)を行う必要があります。移植などが広まれば、インスリン注射から解放される可能性はありますが、まだ一般的ではありません。症状に応じて運動を制限する場合があるので、1型では薬物療法が重視されています。

2型糖尿病では、肥満と診断された方は食事・運動療法で体重を落とし、インスリン抵抗性を解消することが重要です。

肥満はインスリンの作用を妨害するので糖尿病にとっては大敵です。栄養素をバランスよく取りながら標準体重を維持することが必要です。また、弱まったインスリンの働きに合わせた食事の量にすることで、食物は体内でほぼ完全に利用され余分なブドウ糖が血液中にあふれでることはありません。 また、ブドウ糖をよく利用する筋肉を増やし、インスリンの作用を妨害する脂肪を減らす、また肥満を是正するなどの利点がある運動療法も糖尿病の治療には重要なものです。

ただし、食事・運動療法ではインスリンの分泌は増やせません。インスリンの分泌が減少し、食事・運動療法で十分な改善が得られない時は薬物療法(経口剤、インスリン注射)が行われます。血糖が高くなるとインスリンの分泌や、インスリンに対する感受性がさらに低下して、どんどん血糖が高くなるという悪循環(糖毒性)に陥ってしまいます。その悪循環を断ち切るために、一時的に薬物治療を行うこともあります。

薬物療法を行う時も食事・運動療法が守られないと、体重増加からインスリン抵抗性・動脈硬化を助長するおそれがあります。

糖尿病の食事療法
糖尿病では食事療法が基本となります。食事療法を守っていればよい状態を保つことが可能です。合併症をおこさないためにも、食品のかたよりを防ぎ、適正な摂取エネルギー量、タンパク質、糖質、脂質の適正な補給、ビタミン、ミネラルの補給をしましょう。また、自分で判断せずに、主治医の指示に従うようにすることも大切です。
食べすぎ、飲みすぎ、肥満に注意し、こんにゃく、海草、きのこ、野菜などの低カロリー食品を多く摂ること。 食事の満足感を得るための工夫もしましょう。1日3食規則正しく、「まとめ食い」をするとインスリンの需要量が増えて膵臓に負担がかかります。

運動療法
運動することによって血糖をコントロールする方法は、インスリンの効果を高める上でも効果的です。肥満の解消や、ブドウ糖の利用が増え血糖値が下がる。インスリン受容体が活性化し、インスリンの機器がよくなる。脂質体質が改善され、動脈硬化の予防になる。筋肉が増え、基礎代謝が高まる。などの効果も期待されます。食事療法とともに、無理なく続けられるもの、一人で手軽にできるもの、運動の強度が調整できるものなど、自分に最適な運動を見つけましょう。全身の筋肉を使う有酸素運動が(ウォーキングなど)効果的です。

糖尿病の薬物療法
糖尿病の薬物療法には大きく分けて、1) 内服薬によるものと、2)インスリン注射によるものの2種類があります。内服薬はいずれもインスリンの分泌が保たれている方にのみ有効で、インスリン分泌が認められない1型糖尿病の患者さんには無効です。インスリン注射は、直接インスリン補給する治療法のことです。確実に血糖値をコントロールできるということで、軽症のうちから取り入れるのが最近の傾向です。使用されているインスリン製剤には、さまざまな特徴を持つものがあります。自分にもっともふさわしい製剤を選択することが、改善への近道です。 ※詳しくはこちらを参考にしてください。



トップページに戻る>

天神つじクリニック
院長 辻 恵美子
〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F(アークホテル博多ロイヤル正面)
TEL:092-739-8688 FAX:092-739-8616 アクセスマップお問い合わせ
Copyright © 2004 Tenjin Tsuji Clinic. All Rights Reserved.