福岡市 中央区 天神つじクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F TEL:092-739-8688
天神つじクリニック こんな症状でお困りの方(胸がドキドキする)
Home
こんな症状でお困りの方
胸がドキドキする
サイト内検索

胸がドキドキする

運動をしたり、憧れの異性に会うことで心臓がドキドキとするのはよくあることです。しかし、それ以外で動悸を感じるのはどこかに異常があるかもしれません。

 動悸について
動悸とは、心臓の拍動の乱れです。精神的なものが多く、拍動の乱れの原因が分かっている場合は特に病気などの心配はありません。
しかし、原因が分からないまま脈拍が乱れたりする場合は要注意です。心臓や肺、動脈に異常がある場合があり、その中には緊急性を要するものもあります。

動悸を感じたら、脈はどう打っているのか、起こり方は突然かどうか、どういったときに起こりやすいのか、といったことを観察し、自身の動悸の傾向をつかむことが治療の大きな手助けになることもあります。

 診断と治療
動悸は、症状の出方を詳しく問診することで、ある程度の診断が可能になります。よって、先ほども述べたとおり、動悸が起こったときに出来る限り自分の傾向を観察しておきましょう。
・どういう時に動悸がして、いつ治まるのか
・息切れや胸の痛み、頭痛、発熱などを伴うか
・疾患の既往症や喫煙歴はないか
といた点を問診することになります。
そして、血液検査、心電図、胸部レントゲン検査などを併せて行い、診断を下します。

治療としては、診断結果に基づいた疾患に対する適切な治療が行われます。
不整脈であれば、薬物治療や外科的治療、ペースメーカーの装着なども選択肢に入ってきます。また、高血圧の場合には症状に合わせて生活習慣の見直しや、降圧剤を処方されますし、精神的な疾患の場合には心療内科に通う必要もあります。心不全などの急を要する重大疾患の場合もあります。

よって、「動悸」という症状の原因は多種多様に分かれます。決して自己判断などはぜず、自身の傾向を性格に把握し、迅速に医療機関を受診することが治療と回復の大きなカギとなるでしょう。

 動悸を起こす代表的な疾患
・心弁膜症・心不全
階段や坂道を登ると動悸がする。夜間に発作が起こる。
・心筋炎
風邪と似た症状。下痢をなどの消化器症状。
・肥大型心筋症・拡張型心筋症
運動後の動悸や息切れ。
・不整脈
脈が速くなったり、遅くなったり、飛んだりする。めまいやむくみを伴う。
・鉄欠乏性貧血
顔面蒼白、全身倦怠感、頭が重い、めまいがする。
・慢性骨髄性白血病
皮下出血、疲れやすい、発熱。
・甲状腺機能亢進症
眼球突出、体重減少、ふるえ、空腹感、集中力散漫、発汗。
・低血糖症
意識混乱、発言困難、空腹感、ふるえ、発汗。
・褐色細胞腫
高血圧、便秘、体重減少、頭痛、胸痛、視力障害、発汗。
・COPD
咳、たんが出る。
・パニック障害
脈が速くなる、めまい、冷や汗、ふるえ、吐き気、呼吸困難
・過換気症候群
しびれ、興奮、意識混濁、呼吸困難
・心臓神経症
胸痛、めまい、呼吸困難
・更年期障害
・起立性低血圧症
・不安神経症


お問い合わせ

トップページに戻る>

天神つじクリニック
院長 辻 恵美子
〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F(アークホテル博多ロイヤル正面)
TEL:092-739-8688 FAX:092-739-8616 アクセスマップお問い合わせ
Copyright © 2004 Tenjin Tsuji Clinic. All Rights Reserved.